トップページ > 企業・個人共通の調査 > 要人警護・身辺警護

要人警護・身辺警護

弊社は、千葉県警察及び警備会社での2000を超える案件数と現場実務経験を持つ要人警護・身辺警護のプロフェッショナル「株式会社 誠シークレットサービスコンサルティング」と業務提携することでより質の高いボディガードサービスを、提供することができるようになりました。

サービスについて

近年では、社会的地位が高い方々に限らず、一人暮らしの女性や中小規模の起業家、高齢者など、平和な生活を守るためのニーズが高まっていることには皆さまもお気づきのことと思います。 企業活動を脅かす反社会的勢力の動きも潜在化・巧妙化しており、一般人に対する犯罪も、高齢者や女性、幼児もターゲットにした悪質な事例が増加しています。

弊社はこうしたトラブルや被害の発生前に、皆さまが感じる不安や恐怖を事前に解消する予防措置により被害の未然防止を講じ、万一発生したケースに即応した被害拡大防止、解決へのコンサルティングによる再発防止を実施いたします。

なぜ要人警護が必要とされるのか?

一般に「要人」とは、各国大統領・首相・大使・王室・皇室・政治家・企業経営者等を示す言葉であります。こういった方々は、特に社会的地位や知名度が高いため、総合的に危機管理の観点から警護が必要とされてきました。

日本では、政府関係者や皇室等は警察官や皇宮護衛官が警護につきますが、現在のところ、特別な指定がなければ、企業経営者やその家族を守るにあたり、実害を生じない限りは、警察官が直近で警護できず、リスク自体は一向に軽減されておりません。

日本国内においても、潜在化・マフィア化している反社会的勢力からの不当要求や、時間、場所、人を選ばない殺人事件、高齢者や女性、幼児等の社会的弱者をターゲットにした、巧妙悪質な手口の犯罪等が増加している事は否定できません。

要人警護・身辺警護

弊社が提供する警護サービスは、要人であるクライアントの生命、身体、財産の保護を目的とし、事前の対面式打ち合わせを実施した後、脅威度査定(リスク度審査)を行い、クライアントの個々の事情や要望に合わせたオーダーメードの警護プランを提案するところから始まります。

弊社の要人警護サービスは、警察の現場で訓練と実務経験を積んだプロの警護員が、万一の際も脅威からクライアントを守ります。また、アクシデント予防措置の一環として、ご指定車両の運転警護サービスも承ります。ご相談から承っております。お気軽にご連絡ください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Kodama Intelligence Service All Rights Reserved.