トップページ > 各種コンサル・企業関係調査 > 役員・一般社員の素行調査

役員・一般社員の素行調査

社員の不正や横領によって会社が倒産してしまう事や、会社の信用が大きく左右される事があります。
たった1人の不正によって失墜した信用は、銀行取引にまで影響を及ぼし、他の社員の生活まで 脅かす原因にもなりえます。 その他にも背任行為、機密情報や顧客情報の漏洩、企業内スパイ等、企業により様々なケースが上げられますが、いずれにしても社内の調査を定期的に行い、リスクに備える必要があります。

データ面からの調査、疑わしい社員と接触した外部の人間との関係調査、又、関係者の聞き込み等、弊社独自のノウハウで不正の実態を解明致します。

相談の多い調査の種類

■ 社員の横領、その他犯罪行為の実態確認調査
■ 社員による情報漏洩、背任行為に関する証拠収集
■ 退職者による情報漏洩や誹謗中傷に関する証拠収集
■ 社員の勤務実態調査 (営業職等)
■ 社員の生活実態調査

ページトップへ戻る
Copyright(C) Kodama Intelligence Service All Rights Reserved.