家出人調査の見積り事例

居所調査と家出人調査の違い
両調査とも『誰かの所在(一定期間滞在している場所)を明らかにすること』には変わりありません。しかし、明らかに違う点は家出人調査は家族からの依頼であるということです。家出人は何かしらの意思を持って家族からも所在を隠して、いわば逃げているに近しい状態であり居所調査より難易度がやや高いことが多いのです。

■家出人調査 ケース01

相談者:千葉県在住 Hさん

大学生の娘:リカコ(仮名19歳)が東京都内の大学に進学し、一人暮らしをしていたのですが連絡が取れなくなりました。

大学やバイト先にも行っていないらしく、アパートに行ってみたのですが部屋には戻ってきていない様子です。

手がかりとなりそうなものが少ないのですが探し出していただけないでしょうか?

当社相談員

このケースの場合、典型的な家出人調査となります。お客様と十分な聞き取りのあと調査していきます。

お見積り

聞き取りの結果、以下のようなリカコさんを探し出すため、調査方法をご提案いたします。

・新しくできた彼氏の行動調査
・立ち寄り先のホストクラブでの聞込み調査

当社は“成功報酬制度”を設けております。
成功報酬制度とは、居所・家出調査のような難易度が高い案件の場合に発生。依頼時に人件費・交通費等の諸経費をいただき、調査成功時に成功報酬金をいただくことをいいます。

今回の場合、調査方法より勘案して諸経費を20万円とさせていただきます。もし無事にリカコさん発見に成功した場合、成功報酬金20万円とさせていただきます。

調査結果

新しく彼氏の行動調査をする班とさらにリカコさんの部屋でご依頼者が見つけたホストクラブの名刺をもとに聞込みを開始いたしました。

まず、はじめの想定と食い違っていたのが、新しくできた彼氏も同じく家出をしていることが判明いたしました。またホストクラブにおける聞込みにより、リカコさんが水商売を始めていたことがわかりました。そしてリカコさんが勤めていたというスナックも突き止めました。

そしてリカコさんはすでにスナックもやめており、どうも福岡へ行ったらしいという情報を得ました。

福岡では、新しくできた彼氏が好きだという格闘技の興行が開催されており、当社探偵員はそれに着眼し、現地に向かうことを決定いたしました。

ここで地方出張する旨を依頼者へ中間報告し、その他諸経費(この場合、旅費交通費・宿泊費)の発生の承諾を得ました。

当社探偵員は格闘技興行が開催される●●ドームにて、リカコさんを発見すべく、張込み調査を行いました。

そこでリカコさんと新しい彼氏を発見、出てくるところを捕らえ、すぐさま尾行し、行動調査しました。

2人は●●ホテルへ入り、宿泊しました。

翌日、依頼者に現地に来てもらい、リカコさんと引き合わせました。

最終調査料金

諸経費

1週間に及ぶ調査の経費
20万円

その他諸経費

福岡への旅費交通費及び宿泊費3万円

成功報酬金

20万円

合計金額

43万円(外税)